Loading...

高い生産性

素材の余計な部分を削り落とす切削加工とは違い、転造加工は製品外径より細い素材を盛り上げて成形します。そのため、材料のムダが出ません。また加工時間が短く工具寿命も長い事から、切削と比べて生産性が非常に高くなります

環境にやさしい

加工時の素材とダイスの接触面積が小さく、局部的な加圧が徐々に進捗する逐次成形加工ですので、小さな力で、なおかつ短時間で加工できます。消費電力が少ない、ゴミを出さない、低騒音など環境にやさしい次世代の加工法です

切削断面

切削断面

転造断面

転造断面

図. 切削断面(上)と転造断面(下)転造加工ではファイバーフローが切断されないため強度が上がる。

面租度が向上

被加工面は、研削されたダイスによって押しつぶされるので面粗度が著しく向上します。

高い強度

切削加工とは違い、右図に示すようにファイバーフロー(繊維状金属組織)が切断されません。また、塑性変形によって被加工面が組成硬化します。そのため、加工製品は強い強度を得ることができます。たとえば、ボルトなら切削に比べて1.5倍以上の強度です